岐阜県中津川市|自動車販売・修理・車検は鷲見モーターにお任せください

鷲見ブログSUMIMOTOR-BLOG

「衝突被害軽減ブレーキ」の今後について。

  • お知らせ
  • 投稿日:

こんにちは、今日は衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)の搭載義務化についてお話したいと思います。
2019年12月17日に国土交通省が発表しました。2021年11月から義務化ということで書いていきたいと思います。

・義務化へ
事故の多さから政府を挙げて対策をしなくてはいけないということで、高齢者の踏み間違えや事故の対策として義務化へ。
もちろん若い人たちや運転のうまい人は自動ブレーキ非搭載車を2021年11月以降に購入できるという意味ではなく。
2021年11月以降は新車への搭載が義務化されるので義務化以降の新車購入はすべて自動ブレーキ搭載車となります。

 

・義務化以降の今乗ってる車や中古車はどうなるのか
義務化以降の今乗ってる車や中古車販売などはどうなるのか?この義務化は新車への搭載の義務化なので、今乗ってる車や中古車などには影響しません。
では自動ブレーキを搭載してない車への自動ブレーキの装着は可能なのか?自動ブレーキの装着はできません。ですがブレーキを促すシステムを追加することができます。
前方の車に近づきすぎた場合、警報鳴らして運転者にブレーキを求めるシステムなどをつけることができます。もちろん警報だけなので運転者が適切にブレーキを踏む必要があります。

注意:義務化までまだ時間が十分にあるため内容の変更等がある可能性があるので最新の情報を入手する必要があります。

 

・新車の価格が自動ブレーキ分高くなる
今ではほとんどの車に実装されている自動ブレーキですが、車のメーカーの車種情報を見るとグレードによって自動ブレーキが搭載されてないグレードもあるんです。
そうなると、義務化になることで全車自動ブレーキ搭載となり、その分価格が上がってしまうということになります。
少しでも価格を抑えて購入したい人には納得してもらうしかないという形になりますね。
何らかの理由で自動ブレーキを搭載してない車が必要な場合は早めの購入を検討した方がいいですね。
ですが義務化までに内容が変わる可能性もあり、その影響で自動ブレーキを促すシステムの義務化となった場合は、自動ブレーキを促すシステムをつけないといけないので、注意も必要ですね。

・まとめ
衝突被害軽減ブレーキはあくまでも【軽減】させるものであり、事故を起こさないための装置ではありません。状況によっては一切アシストが入らない場合もあります。
なので運転者も注意して運転する必要がなくなるわけではありませんね。衝突被害軽減ブレーキがメインのブレーキではなく自分で踏むブレーキがメインで衝突被害軽減ブレーキをサブブレーキくらいの認識でいいと思います。
義務化までまだ時間があるので内容の変更等あるかもしれないので、ニュースなどを確認する必要がありますね。

 

New Car / Used car

店内でクルマ探しできます!

新車はもちろん、良質な中古車もお探しします。各種自動車メーカーの最新のカタログをご用意してお待ちしております。 ご予算、ご要望に合わせてお探いたしますので、まずはお客様のご要望をお伝えください。

対応メーカー
スズキ、ダイハツ、トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、スバル…

アクセスACCESS

有限会社 鷲見モーター

  • 〒508-0203 中津川市福岡943-38
  • 0573-72-3105

営業時間:8:30~19:00、定休日:日曜日

  • 中央自動車道「中津川 I.C」より車で......20 分
  • 中央自動車道「恵那 I.C」より車で..........25 分
有限会社 鷲見モーター有限会社 鷲見モーター
PAGE TOP